波動感覚

225先物&NT倍率の相場展望とテクニカル分析情報

【東京市場 大引けの概況】

1日の東京市場大引け日経平均は4日ぶり反発113円86銭高の2万7935円62銭、後場は28000円近辺で動きが落ち着く。

自律反発狙いの買いが流入…、と言う相場でした。

また、セクター別の上昇一位はパルプ・紙、下落一位は情報・通信業でした。

【東京市場 大引けの概況】

30日の東京市場大引け日経平均は大幅に3日続落462円16銭安の2万7821円76銭、後場に相場の値動きが悪化し462円安。

後場リスク回避の売りがかさみ大幅安…、と言う相場でした。

また、セクター別の上昇一位は陸運業、下落一位は鉄鋼でした。

【東京市場 大引けの概況】

29日の東京市場大引け日経平均は大幅続落467円70銭安の2万8283円92銭、後場は大きく値を崩す。

新型コロナ変異株の影響を懸念して大幅続落…、と言う相場でした。

また、セクター別の上昇一位は海運業、下落一位は空運業でした。

【東京市場 大引けの概況】

25日の東京市場大引け日経平均は反発196円62銭高の2万9499円28銭、フューチャーが大幅上昇。

前日の反動で買い優勢も商い低調…、と言う相場でした。

また、セクター別の上昇一位は証券・商品、下落一位は空運業でした。

【東京市場 大引けの概況】

24日の東京市場大引け日経平均は3日ぶり大幅反落471円45銭安の2万9302円66銭、後場には500円超下落する場面も。

長期金利上昇でハイテク主力株に利食い目立つ…、と言う相場でした。

また、セクター別の上昇一位は鉱業、下落一位はサービス業でした。